在宅ワーク

在宅ワークはその名の通り、家に居ながら仕事をする事で、内職の一種とも言えるでしょう。ただ、近年のインターネットの普及で色々な取引がインターネット上で可能になって、一昔前での内職と言えば低賃金で厳しい労働条件と言う暗いイメージが無くなり、パソコンや携帯電話だけで、年間で億単位稼ぐカリスマという人達も現れ、在宅ワーク・ネットビジネス等という言葉に遷移してきています。

インターネットビジネス

インターネットはこの家で出来る仕事を一変し、多種多様のインターネットビジネスがあります。その収入もお小遣い程度から、会社勤め以上を稼ぐ人も多くいます。

何よりも大きな特徴は、お店を構えたり仕入たりする必要がないので、無資金で始められ、老若男女、体の不自由な方など一切無関係な所でしょう。

PR 口でしかパソコンのキーを打てない第1級の身体障害者が、たった1年で1憶稼いだ方法とは?


通常、お店に買い物に出かけ、そこに並べられた商品を見て購入します。この場合のお客様は店舗の近くの人に限られます。そして、仕入して並べられる商品の数も限りがあります。そこで、より多くのお客様に来てもらう為にインターネットのホームページを構え、インターネットで売買すれば多くの販売が見込めます。当然海外にも対象を広げる事も可能でしょう。
この商品を販売すると言う方法では、注文があってから、商品を仕入れる事ができるので在庫しなくても良いと言う利点があります。この方法は自分で商品を仕入れ販売する事から リアルビジネスとも言います。
このリアルビジネスの店舗が集まっている 「楽天」 よく知られています。
又この形態のビジネスには、自分で販売価格が決められるドロップシッピングというものがあります。例えば、シャネルやトミーヒルフィガー等のバッグの仕入れ価格(実際に仕入はしません)が10万円であれば、一般店頭価格は15万円でも11万円という値段で激安販売も可能になります、この販売価格を自分で決めらる処がドロップシッピングの大きな特徴と言えるでしょう。

報酬型ビジネス

インターネットで成り立つ大きいな特徴のビジネスです。概ね販売報酬型と広告報酬型に大別できるでしょう。

販売報酬型

通常アフィリエイトと言い、ホームページやメールマガジンン等で商品を紹介し、それが販売されると、成果報酬が支払われるものです。この場合自分で商品を仕入れする事がないので、無資金でも始める事ができます。このビジネスでは、これを取り扱っている会社ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)があり、そこの登録して、取り扱う許可を得る事で始められます。殆ど無料で登録できます。宣伝方法として、単に自分のホームページに見に来る人を待っているのではなく、Yahooのオーバチュア、Googleのアドセンスなどの有料広告で、積極的に販売する方法もあります。

広告報酬型

これはクリック報酬型とも言い、自分のホームページに広告を載せ、その広告に興味を持った他人がその広告をクリックすると、そのホームページに広告を載せている人にクリック報酬が支払われるものです。
Yahooや新聞社やニュース記事などに所々に広告が掲載されているのも、多くがこのクリック報酬型と言えるでしょう。広告をクリックして表示された商品などを購入しなくてもクリック誘導した事で報酬が支払われるものです。この代表格はGoogleの広告(アドセンス)でしょう。

この様に、ネットビジネスは、何気無くホームページを見ているあらゆる所にあります。ネットビジネスは、商品を仕入れたり、店舗を構える必要がないので、無資金でも参加出来る事が大きな特徴と言えます。

FXダイアリー